関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

集客でお困りの方、SNSを活用した戦略やワードプレスを活用したWEBページや自己ショッピングページを立ち上げたいなど、実店舗に集客から改善迄、製造業から販売業まで対応してます。代理販売にも対応してますので営業支援も可能です。


「バーバリー」コスメが国内全店舗を閉店って当たり前だよね。

バーバリーBURBERRY)」のコスメティックストア「バーバリー ビューティ ボックス(BURBERRY BEAUTY BOX)」は、12月31日までに国内の全店舗を閉店する。今年3月にオープンしたばかりのルミネ横浜店は、11月13日にすでにクローズしており、西武池袋本店は11月25日、三越銀座店と阪急百貨店うめだ本店の店舗は12月31日に閉店する。閉店後も、メイクアップアイテムは公式サイトで販売を続ける。

f:id:alex888:20171121174044j:plain

 「バーバリー ビューティ ボックス」は、2015年から資生堂が展開していたが、今年4月にバーバリー社と締結していたフレグランスを含むビューティ商品のディストリビューション契約を終了することを発表。同月にバーバリー社はコティ(COTY)とライセンス契約を締結している。

 管理人コメント

 売り場が1階なのはいいかもしれないけど、コスメとしての押し出し感が弱く化粧品売り場から離れているために、相乗効果が薄く資生堂が展開しているのなら資生堂でいいかと思われる。

やはり、バーバリー三陽商会と離れてから日本人にとって敷居が高くなっているような気がする。今回のコスメも、ライセンス切れたら消滅するのでは意味がないような感じを消費者に与えていたのではないだろうか。