関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

「音楽教室からも著作権料」正式発表=JASRAC、文化庁に届け出

 利権産業と世間からよく言われるJASRAC音楽教室からも著作権料を取ると発表。

 日本音楽著作権協会JASRAC)は7日、東京都内で記者会見を開き、ピアノなどの音楽教室での演奏について、来年1月から著作権料の徴収を始めると正式に発表した。

 同日、文化庁に使用料規定を届け出た。

 規定によると、JASRACが管理する作品を教室で演奏した場合、受講料収入の2.5%相当額を徴収するなどとしている。当面は楽器メーカーが運営する教室を対象とし、将来的には個人教室からも徴収する。

 音楽教室からの徴収をめぐっては、ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)など200社を超える事業者が7月にも、支払い義務がないことの確認を求める集団訴訟を起こす方針を決めている。

 JASRAC会長で作詞家のいではく氏(75)は「クリエイターに対する敬意を持ってもらいたい」と説明。理事で作曲家の渡辺俊幸氏(62)は「著作権の大切さを理解してほしい。訴訟は避け、話し合いで解決したい」と語った。  

 

f:id:alex888:20170607203637g:plain

 なんか、CDが売れないからついに学校法人から徴収できないから民間教室から接収することにしたのか。個人事業主のラジオ設置店から接収したと思えばついにここまで来たのか。「クリエイターに対する敬意を持ってもらいたい」とか言ってるがこのままいけば、言葉一つとっても権利を主張されかねない。音楽も飽和状態になりつつあるのだから特許と同じく15年~20年ぐらいまでにすべきではないのか。

インフラの変化、創作物が氾濫を起こしてる現在において、さすがに全世界的に無理がある。実勢に沿った著作権の適応をすべきではないのかと思う。