関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

大阪寿司屋「市場ずし難波店」が外国人に嫌がらせか!?ワサビ大量で握る。

大阪の繁華街・難波の寿司店「市場ずし難波店」。訪れた韓国人など外国人客に対してわさびを大量に入れた寿司を提供していたことが明らかになり、炎上した。

 

 

「市場ずし」を経営する藤井食品がホームページに謝罪文を掲載したが、そこで触れられたのは、あくまで事実関係と「インターネット各所をお騒がせした」ことへの謝罪のみ。外国人に対する差別的な言動があったという指摘については、「確認できない」とした。

f:id:alex888:20161005115755j:plain

f:id:alex888:20161005115756j:plain

掲載された謝罪文はこうだ。

「すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、こちらはそのような事実がありました。海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」
「また、従業員による民族差別的な発言に関してはそのような事実は確認できませんでした」

 

こう言うニュースを見ると何故そのようなお店にお金を落とすのかわからない。

安ければいいのか?我慢してまで食べる物なの?

自分の求めてる物と違う時点で、その食事をお金を出して食べる価値があるのかを見定める必要がある。

ちなみに、HPにはプロの職人が握っているとのことですが日本のプロの寿司職人はもっと繊細で技術が高いです。ワサビの量をこのような判断ミスはしません。
あくまで私の知るお店に限りますが。

最後に、品質・サービスと価格は必ず比例します。
安くて最高のサービスは存在しません。
ご注意ください。