関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

人工頭脳を物作り日本で実用は可能なのか!? 雇用体制の限界と崩壊・・・外資は今

 日本のお家芸と言えば、物作りだったのは今は昔の話。
ITが主流になっていく中で、日本ではコアとなるOSの開発や巨大コンテンツを生み出すベンチャー企業が育つ可能性は低いと思われる。

 

 


その一因は、雇用体系と給料体制にある。
時間=労働=報酬となっている状況下では、天才的なアイデアも日の目を見ることなく天才の頭の中で消えていくだろう。
外資系は今、IT分野や人工知能分野に大金をかけて、人材を新卒で探し回っている。
未知のものに、年収1000万以上を払う気概がある企業は、日本にあるのだろうか。
名目上、終身雇用を謳いながら実際にはリストラが横行している。
中には、先見の目を持った会社もあるのだと思うのだが、報酬が発生しない過剰業務を嫌う傾向にある現代の新人たちについてこれるのだろうか。

 こういった状況では、世界をリードするほどの人工知能やロボット開発を出来るとは思わない。すでに名誉だけで安月給で耐える時代が終わったのだと実感せざる得ない。
国策として様々な分野に資金を投入されると思うが、決して無駄に浪費して完敗にならないようにお願いしたい。

横並びもいいが、もう少し変わった方向からも人材を集めれる企業や組織があってほしいと思います。
「よそはよそ、うちはうち」という言葉は我慢するときだけ使うものではない。

 

 

 

 

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
 

 

 

ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)