関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

個人サイト「プロ野球ヌルデータ置場」が、2017年10月10日をもって更新を終了した。

 プロ野球の選手成績や出場データなどの情報を紹介してきた個人サイト「プロ

 プロ野球の選手成績や出場データなどの情報を紹介してきた個人サイト「プロ野球ヌルデータ置場」が、2017年10月10日をもって更新を終了した。12月5日にはサイト自体が閉鎖となり、過去のデータも閲覧できなくなる。

 2008年開設の老舗サイトで、まだセイバーメトリクス(野球統計)という概念が日本に浸透していなかった時代から、多岐にわたる指標をまとめてきた。閉鎖を惜しむ読者も多く、ネット上には「めっちゃ使ってたのに...」などと悲しむ声が広がっている。

■セイバー指標をはじめ、膨大なデータを紹介

 「プロ野球ヌルデータ置き場」は、日本野球機構NPB)公式サイトなどが提供しているデータを管理人の「えるてん」氏が収集し、それを元に算出した様々な指標を紹介してきたサイトだ。

 データは2005年から17年までの13シーズン分あり、いずれも閲覧は無料。有料のデータサイトにも劣らない圧倒的な情報量で読者の支持を集めた。

 打率や防御率などの基本的な数字は当然として、RCAA(リーグの平均的な打者と比較して個人の得点能力を示す統計データ)やBABIP(グラウンドに飛んだ打球が安打になる割合)など、打者投手あわせて30種類以上のセイバー系指標を紹介していた。

 そのほかにも、全選手のカウント別打率や全投手の捕手別防御率。連続安打や出塁といった個人記録や、チームごとの選手起用の詳細なデータ、全バッターの投手別成績など、個人サイトとは思えないほど膨大なデータをまとめてきた。

 そのため、今回の閉鎖報告を受けて熱心なプロ野球ファンからは悲しみの声が相次いでいる。実際、ツイッターネット掲示板には、

  「野球のデータを探すときはまずここってサイトだっただけに残念」
  「間違いなく日本にセイバーメトリクスを根付かせたサイトであると思います」
  「長年にわたり大変お疲れ様でした。ありがとうございました」

といった書き込みが数多く出ている。なかには、「誰かこのサイト買って継続してくれないかな?」「NPBがサイトごと管理人雇え」といった意見もあった。
閉鎖の理由は...

 管理人のえるてん氏は10月10日、サイトに掲載した「更新終了のご挨拶」と題したページで、閉鎖の理由について次のように説明している。

 まず挙げた理由が、年齢による「体力の限界」。プロ野球シーズン中、毎日のように試合後のサイト更新を続けることが難しくなってきたとして、

  「毎日更新することで価値が生じるサイトですのでこれ以上の存続は難しいと判断しました」

と説明した。

 えるてん氏は続けて、プロ野球データ界の「今後」を考えてサイトの閉鎖を決めたとも訴えている。これから、より詳細な野球データを個人が入手できるようになるためには、自身のサイトが「邪魔になる」と判断したというのだ。

 本人のサイト上での説明によれば、企業などが個人向けのプロ野球データを有料でビジネス化し、その利益を用いてより詳しいデータを提供するというサイクルを、無料の「ヌルデータ置き場」が阻害している。そのため、自らがサイトを閉鎖する決断をしたという。
今後は「趣味レベル」で活動

 このように閉鎖の理由を説明した上で、えるてん氏は、2008年のサイト開設時から考えると、日本でも野球をデータで見るという概念がかなり普及してきたと指摘。その上で、

  「(野球のデータ分析が普及したことに)賛否はあると思いますが、プロ野球の新たな視点が開拓されたことは好ましいことだと思います。もし、約10年間のヌルデータの活動がその一助になっていれば幸いです」

との思いをつづっていた。

 なお、えるてん氏は17年12月5日にサイトを閉鎖するだけでなく、12月31日をもってサイトの公式ツイッターフェイスブックも終了すると報告。今後は、「趣味レベル」でデータ収集・分析を続けていくとしていた。

ヌルデータ置場」が、2017年10月10日をもって更新を終了した。12月5日にはサイト自体が閉鎖となり、過去のデータも閲覧できなくなる。

 2008年開設の老舗サイトで、まだセイバーメトリクス(野球統計)という概念が日本に浸透していなかった時代から、多岐にわたる指標をまとめてきた。閉鎖を惜しむ読者も多く、ネット上には「めっちゃ使ってたのに...」などと悲しむ声が広がっている。

■セイバー指標をはじめ、膨大なデータを紹介

 「プロ野球ヌルデータ置き場」は、日本野球機構NPB)公式サイトなどが提供しているデータを管理人の「えるてん」氏が収集し、それを元に算出した様々な指標を紹介してきたサイトだ。

 データは2005年から17年までの13シーズン分あり、いずれも閲覧は無料。有料のデータサイトにも劣らない圧倒的な情報量で読者の支持を集めた。

 打率や防御率などの基本的な数字は当然として、RCAA(リーグの平均的な打者と比較して個人の得点能力を示す統計データ)やBABIP(グラウンドに飛んだ打球が安打になる割合)など、打者投手あわせて30種類以上のセイバー系指標を紹介していた。

 そのほかにも、全選手のカウント別打率や全投手の捕手別防御率。連続安打や出塁といった個人記録や、チームごとの選手起用の詳細なデータ、全バッターの投手別成績など、個人サイトとは思えないほど膨大なデータをまとめてきた。

 そのため、今回の閉鎖報告を受けて熱心なプロ野球ファンからは悲しみの声が相次いでいる。実際、ツイッターネット掲示板には、

  「野球のデータを探すときはまずここってサイトだっただけに残念」
  「間違いなく日本にセイバーメトリクスを根付かせたサイトであると思います」
  「長年にわたり大変お疲れ様でした。ありがとうございました」

といった書き込みが数多く出ている。なかには、「誰かこのサイト買って継続してくれないかな?」「NPBがサイトごと管理人雇え」といった意見もあった。
閉鎖の理由は...

 管理人のえるてん氏は10月10日、サイトに掲載した「更新終了のご挨拶」と題したページで、閉鎖の理由について次のように説明している。

 まず挙げた理由が、年齢による「体力の限界」。プロ野球シーズン中、毎日のように試合後のサイト更新を続けることが難しくなってきたとして、

  「毎日更新することで価値が生じるサイトですのでこれ以上の存続は難しいと判断しました」

と説明した。

 えるてん氏は続けて、プロ野球データ界の「今後」を考えてサイトの閉鎖を決めたとも訴えている。これから、より詳細な野球データを個人が入手できるようになるためには、自身のサイトが「邪魔になる」と判断したというのだ。

 本人のサイト上での説明によれば、企業などが個人向けのプロ野球データを有料でビジネス化し、その利益を用いてより詳しいデータを提供するというサイクルを、無料の「ヌルデータ置き場」が阻害している。そのため、自らがサイトを閉鎖する決断をしたという。
今後は「趣味レベル」で活動

 このように閉鎖の理由を説明した上で、えるてん氏は、2008年のサイト開設時から考えると、日本でも野球をデータで見るという概念がかなり普及してきたと指摘。その上で、

  「(野球のデータ分析が普及したことに)賛否はあると思いますが、プロ野球の新たな視点が開拓されたことは好ましいことだと思います。もし、約10年間のヌルデータの活動がその一助になっていれば幸いです」

との思いをつづっていた。

 なお、えるてん氏は17年12月5日にサイトを閉鎖するだけでなく、12月31日をもってサイトの公式ツイッターフェイスブックも終了すると報告。今後は、「趣味レベル」でデータ収集・分析を続けていくとしていた。

管理人コメント

 このサイトの管理人の言うことは最もだ、個人で無償提供なんてボランティア以外何者でもない、広告がウザいという人もいるだろうが月額利用料払っていても広告はある。無収入で他人の労力を得ようとする現代の文化にこそ問題がある。自分でできないことに対しては金を払うべきだ。それが嫌なら自分で調べろ。

ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)送料自由導入試験

 ファッションEC「 ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが1日、新たに送料をユーザー自身が決める“送料自由”サービスを試験導入した。ユーザーは商品購入後の画面から自由に送料を決めることができる。無料を選択することもでき、初期設定は400円になっている。新しい料金体系の適用は、1日12時以降の注文からすでに採用される。ただし、試験的実施のため、今後予告なくサービスを終了する可能性があるという。(WWD JAPAN.com)(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが1日、新たに送料をユーザー自身が決める“送料自由”サービスを試験導入した。ユーザーは商品購入後の画面から自由に送料を決めることができる。無料を選択することもでき、初期設定は400円になっている。新しい料金体系の適用は、1日12時以降の注文からすでに採用される。ただし、試験的実施のため、今後予告なくサービスを終了する可能性があるという。(WWD JAPAN.com)

管理人コメント

送料自由は面白い試みだけど、送料負担を良識のある人物にのみ負担をさせる制度だとも思える。利益があるから出来るのだろうがサービスとしては疑問だ。

 

 

「2ちゃんねる」(2ch.net)が、「5ちゃんねる」(5ch)に名称変更

インターネット掲示板2ちゃんねる」(2ch.net)が、「5ちゃんねる」(5ch)に名称変更したと話題になっている。

 

【画像】これまでのトップページ


 すでにロゴマークは「5ちゃんねる」に変更され、2chを象徴するトップページの「壺」のマークがあった部分には、犬らしきキャラクターが「2」の数字を蹴飛ばし、「5」に変える演出の動画が掲載されている。

■「2ch.net」と「2ch.sc」

 2017年10月1日16時20分現在、2ch2ch.net)のトップページにアクセスすると、左上のロゴマークは「2ちゃんねる」から「5ちゃんねる」になっている。ページの下部には、「Jim」というツイッターアカウントによる投稿が埋め込まれている。投稿は画像で、内容は次のような趣旨だ。 

 2016年7月の世界知的所有権機関WIPO)の調停仲裁センターによる裁定で「Race Queen, Incは『2ch.net』のドメインの使用について正当な利益を有する旨が認定」(原文ママ)されたが、妨害行為を受けており、利用者らに不便と迷惑をかける事態となっているため、

  「そこで、こうした事態を解決すべく、2ちゃんねるの運営権をLOKI TECH INCに譲渡することになりましたことをご報告申し上げるとともに、Race Queen Inc.による運営を応援して下さった全ての皆様にこの場を借りて御礼を申し上げます」

と報告している。

 おそらくこの「Jim」なるアカウントは、これまで2ch2ch.net)の運営者だった「Race Queen, Inc」のジム・ワトキンス氏のものと思われる。2chの管理人はかつて、創立者西村博之ひろゆき)氏だった。しかし2014年4月、ワトキンス氏との間でトラブルになり、西村氏は新たに「2ch.sc」を立ち上げている。

 
「譲渡」会社によるコメントも掲載

 ツイート埋め込みの下には、運営権の引き継ぎ先とされた、「Loki Technology, Inc.」社のコメントも載せられている。

  「Loki Technology, Inc.は、このたびRace Queen, Inc.から日本で最も有名で巨大な電子掲示板の管理運営権を譲り受けました」
  「譲渡を受けるにあたって、権利関係に関する無用な紛争を生じさせず、また、皆様に継続的に安全かつ快適にご利用いただけるように、掲示板の名称を新たに『5ちゃんねる』へと変更しました」

などとしている。

 コメント文書にはLoki社の所在地も書かれているが、地区名以下の表記のみで、国名などは記載されていない。記載の所在地名をネット検索で調べると、フィリピンのマニラ内の住所のようだ。

 すでに掲示板などへのリンクは、これまでの「2ch.net」ドメインから、「5ch.net」ドメインに差し替えられている。ツイッターでは10月1日、

  「2chが5chになってた」
  「5ちゃんねるになってるじゃないか...(困惑)」
  「2ちゃんひらいたら5ちゃんねるになっててめっちゃビビった」

などと、驚く声が続出している。

管理人コメント

権利の問題はずっとあったと思うが、粋なりの急展開。新たな掲示板サイトも台頭してくる可能性もあるかも知れない。

 

 

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)

僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)

 
泣ける2ちゃんねる (2ch+BOOKS(1))

泣ける2ちゃんねる (2ch+BOOKS(1))

 
2ちゃんねる中毒

2ちゃんねる中毒

 

 

ゾゾタウン(ZOZOTOWN)ツケ払い100万人突破7割女性利用

 ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが18日、支払いを2カ月延長できる決済サービス「ツケ払い」の利用者が100万人を超えたことを発表した。これに合わせて、同社は「ツケ払い」の利用者属性をはじめて公開。利用者の男女比では、女性が68%と過半数を占めることがわかった。また、年齢別では、20代の利用が最も多く全体の41.2%。続いて30代が全体の25.7%だった。
 「ツケ払い」は16年11月にスタートした決済サービス。クレジットカードを利用することなく支払いを注文の2カ月先まで延長できるため、一時は支払いのできない若年層が利用するのではないか、といった指摘が相次いだ。しかし、17年4~6月期決算でも商品取扱高が前年同期比40.9%増の595億円まで伸長するなど、「ツケ払い」の利用者増が好調の大きな要因の一つになっていることは間違いない。

管理人コメント

ここまで来ると流石、企業のリスクを減らすためのクレジットカードなのだが、手数料等を考えれば自社ツケ払いは通販大手ならではの方法だ。資金を潤沢に準備できてこその技だと思うが、購入を促す素晴らしいアイデアだと思う。個人商店ではできないサービスだが着眼点は素晴らしい。当初は貸し倒れなどリスクはどうするのかと心配もされていたが現状大丈夫なのだろう。今後に色々期待が持てそうだ。

ブログサービスとPV数について。

 複数のブログサービスで試しているのだが、個人的感覚を言えば。

ライブドアブログ

はてなブログ

ワードプレス

の順番で更新しやすいが、PVは

ライブドアブログ

ワードプレス

はてなブログ

になる。

はてなブログは、技術系により気味で一般の方の流入が少なく検索エンジンからもそれほど効果を認められない。

SEO対策などをしてアフィリエイトを目標とするのならはてなブログは論外かもしれない。有料で広告は外せるがまとめサイト禁止などで、集客が難しい。

独自の世界観でブログ更新している方が多いので一般的な数を集めたりアソシエイトで稼ぐのも容易ではない。

技術的な分野に限ればはてなは最高であるが有料オプションまで使うかどうかは筆者自身疑問が残る。