関西大阪フリーWEBプランナーの独り言、WEB・ショッピングサイト構築、販売促進・販路拡大の戦略をサポート

DTPオペレーター・営業・WEBコンサルタントの経歴を経てWEBプランナーの仕事をしている者のブログです。

「バーバリー」コスメが国内全店舗を閉店って当たり前だよね。

バーバリーBURBERRY)」のコスメティックストア「バーバリー ビューティ ボックス(BURBERRY BEAUTY BOX)」は、12月31日までに国内の全店舗を閉店する。今年3月にオープンしたばかりのルミネ横浜店は、11月13日にすでにクローズしており、西武池袋本店は11月25日、三越銀座店と阪急百貨店うめだ本店の店舗は12月31日に閉店する。閉店後も、メイクアップアイテムは公式サイトで販売を続ける。

f:id:alex888:20171121174044j:plain

 「バーバリー ビューティ ボックス」は、2015年から資生堂が展開していたが、今年4月にバーバリー社と締結していたフレグランスを含むビューティ商品のディストリビューション契約を終了することを発表。同月にバーバリー社はコティ(COTY)とライセンス契約を締結している。

続きを読む

<ネット広告>高額「解説書」に誘導 被害相談相次ぐ

「あなたの写真が今すぐお金になる」「月収200万円以上稼いでいる人もいる」--。こんなウソの広告をインターネット上に掲載し、稼ぎ方を記した「解説書」なる高額の電子書籍を売りつける業者に関する被害相談が、東京都内の消費生活センターに相次いでいる。

続きを読む

嘘だと言ってほしかった『鶴ひろみさん死去 死因は大動脈剥離 事務所が正式発表。』

1: シャチ ★ 2017/11/17(金) 16:15:23.61 id:CAP_USER9
11/17(金) 15:56配信 オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000312-oric-ent
 『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ)のドキンちゃん、『ドラゴンボール』(フジテレビ)ブルマの声知られる声優・鶴ひろみさんが
16日午後7時30分頃に運転中の大動脈剥離(だいどうみゃくはくり)のため亡くなった。57歳。所属事務所が17日に正式に発表した。

 青二プロダクションは書面を通じて「ここに生前の御厚誼に深謝するとともに、謹んでご通知申し上げます」と伝え、
通夜および告別式については親族のみにて家族葬を執り行うとしている。

 17日には、突然の訃報を受け、ばいきんまん役の中尾隆聖、バタコさん役の佐久間レイ
ドラゴンボール』でベジータの声を務めた堀川りょうが所属事務所を通じてコメントを発表。
続きを読む

パチンコの衰退がもうカウントダウン

ただでさえ、パチンコ規制のためパチンコ人口が減ってすの人口の中から、既存の売り上げをあげる必要性があるのに、パチンコで素人が勝てるわけない。運良くたまたま出ても1回負ければマイナスになるのが今のパチンコやスロット。

確立を下げて当たりやすくとか見せかけているが投資する金額は同じ、同じだけかそれ以上に負ける。



f:id:alex888:20171116124641j:image

パチンコ屋さんはユーザーに負けていただく必要がある。なぜなら宝くじや競馬と違い一括掛け金を回収して経費を引いて配当率を決めるギャンブルでないからだ。

基本的には、全員に負けて帰っていただくことが前提の遊戯だが、それではお客さんも依存が起こらないので適度にはだします。

人間の脳みそはよかったときのことを記憶していて肝心な負けた負債を消す作用があります。これを効率的に利用しているのがパチンコです。


f:id:alex888:20171116124655j:image

玉やメダルを借りるのに、先に金銭を払い脳に苦痛を与えます。当たった時にドーパミンの分泌が起こります。これを繰り返すことにより、娯楽から依存症へと変貌します。

 やめるなら近づかない、入らない、サンドにお金を入れないが重要だ。

コミュニティ等に入り意思の弱い人は監視体制を作ろう。

 

パチンコ依存症は書いて治す

パチンコ依存症は書いて治す

 
パチンコ依存症の女1 ?その1万円札は誰のものですか??

パチンコ依存症の女1 ?その1万円札は誰のものですか??

 
パチンコ依存と借金は地獄の底まで追いかけてくる

パチンコ依存と借金は地獄の底まで追いかけてくる

 

 

結局、利用できない利権運営の半民半官は解体するしかないのか?

 色々調べてみたが、社会福祉法人がどれだけの貧困層を助けてるのは不明だ。確実に回収出来る能力と保証人を付けることでリスクを減らしているのだと思われる。基本的に保証人ありきの融資のため、金利での利鞘をあげることができない。それなのに、従業員の多さが目立つ、それに立派な建物や役所の中に入り込み事業展開をする。見せかけの自立支援に騙されているのが現状だ。天下り法人と言えばそれまでだが、もう少し真面目に活動すべきではないのか、会員の減少にたいしても危機感が薄く感じてならない。

 生活保護でも障害者年金でも弱者を救済して自立を促すのは大事だと思う。ただ外国籍の人間には現状必要でないと思われる。国民が借金や定収入にあえいでいるのに外国籍の人間まで日本は世話をする必要はあるのであろうか。

権利も誰にでも適応すれば良いと言うものではない。

自立支援型のクラウドファンディングの構築もこれから社会事業の中で必要となってくる。募金活動もその一部だ。以前の過剰募金を次の子供に使えば良いのに誰一人そのような活動はしていない。それは臓器移植の募金の一元化を行ってないので募金詐欺みたいな状況になっている。できうる限り命を救いたい気持ちは誰にでもあるが、残った募金の行方はどのようになっているか判らない以上次からの募金は期待できないだろう。

 私の心の狭さがこのような文章を打たしてるのか、日本と言う国が世知辛い国へと変貌したのか何とも言えない。

 

生活保護のてびき 平成29年度版

生活保護のてびき 平成29年度版

 
Q&A 生活保護手帳の読み方・使い方 (よくわかる 生活保護ガイドブック1)

Q&A 生活保護手帳の読み方・使い方 (よくわかる 生活保護ガイドブック1)

 
生活保護手帳 別冊問答集 2017

生活保護手帳 別冊問答集 2017

 
フランスの社会保障システム―社会保護の生成と発展

フランスの社会保障システム―社会保護の生成と発展

  • 作者: ジャン=クロードバルビエ,ブルーノテレ,Jean‐Claude Barbier,Bruno Th´eret,中原隆幸,神田修悦,宇仁宏幸,須田文明
  • 出版社/メーカー: ナカニシヤ出版
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る